本文へジャンプ

MYRIAD Counseling Flipchart(和訳版)

常染色体優性遺伝

がん抑制遺伝子の変異は一般に両親のどちらか一方から受け継がれます。こういう家系では、高いがんのリスクは常染色体優性の形で受け継がれます。常染色体優性遺伝の場合、子供は両親のどちらか一方から受け継いだ遺伝形質を発現します。常染色体優性遺伝の場合、子供が母親か父親かどちらか一方の遺伝形質を受け継ぐ確率は50%になります。こうした遺伝学における「コインの裏表」的な確率は受胎の時に起こります。

常染色体優性遺伝において、母親か父親のどちらかからがん抑制遺伝子の変異を受け継いでしまった人は、高いがんのリスクも受け継いでいます。両親から遺伝子の変異を受け継いでいない人は、がんになる人がたくさんいる家系であっても、がんのリスクは高くありませんし、その人は自分の子供に高いがんのリスクを受け継がせることもありません。

カウンセリングのヒント :
全ての人がBRCA1、BRCA2、MLH1、MSH2などのようながん抑制遺伝子を持っているということを強調することが大事です。これらの遺伝子に変異がある場合にのみがんを防ぐことができなくなり、その結果がんのリスクが高くなるのです。

ページの先頭へ戻る