FALCO

ファルコバイオシステムズ

よくわかる!ファルコバイオシステムズ

ファルコバイオシステムズ バイオ事業統括部

ヒト遺伝子検査事業を通じてより良い医療を実現したい。それが我々の願いです。

リンチ症候群の遺伝子診断 MLH1/MSH2/MSH6/PMS2/EPCAM遺伝子検査のご案内

遺伝子検査の実施

遺伝子検査の実施
文字サイズ標準特大

MLH1/MSH2/MSH6/PMS2遺伝子検査の取扱い

MLH1/MSH2/MSH6/PMS2遺伝子検査の実施には、リンチ症候群についての遺伝カウンセリングが推奨されています7)。リンチ症候群についての遺伝カウンセリングや遺伝子検査を希望する方がいらっしゃる場合には、貴施設の体制や検査実施までにかけられる時間などを考慮し、次のような対応が考えられます。

(1) 貴施設で遺伝カウンセリングおよびMLH1/MSH2/MSH6/PMS2遺伝子検査を提供する 弊社では「家族性腫瘍遺伝子検査 受託実施指針」に基づいてMLH1/MSH2/MSH6/PMS2遺伝子検査を受託しております。
弊社では、同遺伝子検査を受託させていただくにあたっては、事前に貴施設内の遺伝カウンセリング体制について確認させていただき、委受託契約を締結させていただくことにしております。弊社との委受託契約をご検討いただく場合には、こちらをご参照ください。
なお、委受託契約の締結にはお時間がかかることがございますので、あらかじめご了承ください。
(2) リンチ症候群についての遺伝カウンセリング体制が整備されMLH1/MSH2/MSH6/PMS2遺伝子検査を提供可能な他の医療機関を紹介するリンチ症候群についての遺伝カウンセリングと遺伝子検査を提供できる医療機関には、他施設からのクライアントのご紹介を受け入れている場合があります。受け入れ可能な施設名と担当する診療部/科については、下記までお問い合わせください。

〒613-0036 京都府久世郡久御山町田井西荒見17-1
株式会社ファルコバイオシステムズ バイオメディカル部 遺伝子グループ
東京:03-5727-4080 京都:0774-46-2639(受付時間: 平日9:00~17:30)
(土・日曜日、祝祭日、年末年始はお休みとさせていただきます)

こちらのフォームからのお問い合わせも受け付けております。

ページのトップへ