FALCO

ファルコバイオシステムズ

よくわかる!ファルコバイオシステムズ

ファルコバイオシステムズ バイオ事業統括部

ヒト遺伝子検査事業を通じてより良い医療を実現したい。それが我々の願いです。

リンチ症候群の遺伝子診断 MLH1/MSH2/MSH6/PMS2/EPCAM遺伝子検査のご案内

指針・ガイドライン

指針・ガイドライン
文字サイズ標準特大

MLH1/MSH2遺伝子検査に関わるライセンス

リンチ症候群の発症に関与している遺伝子のうち、MLH1遺伝子とMSH2遺伝子の配列についてはGenzyme Corporation(米国、以下Genzyme社)が特許を保有しています。弊社は、Genzyme社とMLH1遺伝子検査およびMSH2遺伝子配列に関して使用許諾契約を締結し、同遺伝子検査を実施しています。

ページのトップへ

 

関連する指針・ガイドライン

MLH1/MSH2/MSH6/PMS2遺伝子検査は、生殖細胞系列の遺伝子の変異を調べる検査(遺伝学的検査)です。弊社は社団法人日本衛生検査所協会に所属しており、同協会が定める「遺伝学的検査受託に関する倫理指針」27)を遵守します。また、医療の現場で臨床検査として行われる遺伝学的検査に関しては、厚生労働省や各学会によってガイドラインが作られています。

「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン」28)
厚生労働省
「医療における遺伝学的検査・診断に関するガイドライン」22)
日本医学会
「家族性腫瘍における遺伝子診断の研究とこれを応用した診療に関するガイドライン」29)
日本家族性腫瘍学会

弊社は、MLH1/MSH2/MSH6/PMS2遺伝子検査を受託するにあたって、上記のガイドラインに沿って同遺伝子検査が実施されることを基本としています。弊社の倫理審査委員会は「家族性腫瘍遺伝子検査 受託実施指針」(2012年3月一部改定)を策定しており、弊社が同遺伝子検査を含む家族性腫瘍の遺伝子検査を受託するにあたって、遺伝子検査をご依頼になる医療機関に、必要な体制の整備をお願いしています。詳細は、「家族性腫瘍遺伝子検査 受託実施指針」(PDF:175KB)PDFをご参照ください。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちらから。

ページのトップへ

 

MLH1/MSH2/MSH6/PMS2遺伝子検査の委受託

上記の「家族性腫瘍遺伝子検査 受託実施指針」に従ってMLH1/MSH2/MSH6/PMS2遺伝子検査を受託するために、医療機関と弊社の間で直接の委受託契約を締結することをお願いしています。ご契約までのおおまかな流れと手続きは、次をご参照ください。

MLH1/MSH2/MSH6/PMS2遺伝子検査委受託までの流れ
1. まずは、お問い合わせください

MLH1/MSH2/MSH6/PMS2遺伝子検査の委受託契約をご希望の場合は、まずは、弊社にお問い合わせください。お問い合わせは、下記までお願いいたします。

株式会社ファルコバイオシステムズ バイオメディカル部 遺伝子営業グループ
京都:0774-46-2639 東京:03-5727-4080(受付時間 9:00~17:30)
(ただし、土・日曜日、祝祭日、年末年始はお休みとさせていただきます)


こちらのフォームからのお問い合わせも受け付けております。
2. 弊社の担当者がお伺いいたします

お問い合わせをいただきましたら、まずは弊社の担当者がお伺いして、「家族性腫瘍遺伝子検査 受託実施指針」と必要な体制の整備についてご説明いたします。また、MLH1/MSH2/MSH6/PMS2遺伝子検査の依頼に関する具体的な内容(専用の依頼書、検体のご提出・回収、検査結果の報告、費用のご請求など)についても詳しくご案内いたします。
3. ご契約の締結

「家族性腫瘍遺伝子検査 受託実施指針」では、必要な体制のご整備をお願いしています。それらの体制が書面で確認されましたら、貴施設と弊社の間でご契約(遺伝子検査委受託契約)の手続きをいたします。
4. 検査の委受託

ご契約後、MLH1/MSH2/MSH6/PMS2遺伝子検査の委受託が可能になります。あらかじめ取り決めた手順・方法で、検査をご依頼ください。

ページのトップへ